リテールマーケティング(販売士)検定

販売・接客技術はもちろん、販売促進に向けた企画立案や在庫管理、マーケティングにいたるまで、幅広く実践的な専門知識が身につきます。小売業・流通業をはじめ、業種・業態を問わず、顧客満足度を高めるノウハウを修得できます。

販売士検定では、変化の激しい流通業界の第一線で活躍し続けるために、5年ごとの資格更新制度を設けています。

当会議所では下記の試験を実施しています。
程度・能力
試験科目
試験時間
合格基準
小売店舗経営の仕組みを理解し、主として小売業の販売技術に関する専門的な知識を身に付け、販売促進の企画ができるとともに、部下の指導・養成ができる。売場主任や部課長等、売場を監督する中堅幹部クラスが対象。大手の小売業等では部課長への昇進試験に活用しているところもある。
・小売業の類型
・マーチャンダイジング

・ストアオペレーション
・マーケティング
・販売・経営管理
30分
30分
(計60分)
30分
30分
30分
(計90分)
平均70点以上
※1
小売店舗運営の基本的は仕組みを理解し、販売員としての基礎的な知識と技術を身につけている。売場の担当者等が対象。最近では、小売業だけでなく、営業マンの必須知識として、社員教育に取り入れている卸売業や製造業等も増えている。
・小売業の類型
・マーチャンダイジング
・ストアオペレーション
・マーケティング
・販売・経営管理
20分
20分
20分
20分
20分
(計100分)

※1  ただし、1科目ごとの得点50点以上

詳しくは、日本商工会議所の検定サイトをご覧ください。


お問い合わせは 業務課 検定担当 まで
TEL. 042-974-3111   FAX. 042-972-7871
E-mail. info@hanno-cci.or.jp

今月の飯能商工会議所広報誌

Facebook

アクセス

<電車の場合>
池袋駅から西武池袋線特急43分
<お車の場合>
圏央道狭山日高ICから15分

>アクセスの詳細を見る

ページトップ