日商簿記

簿記は、企業の経営活動を記録・計算・整理して、企業の経営成績と財政状態を明らかにする技能です。
企業の活動を適切、かつ正確に情報公開するとともに、経営管理能力を身につけるために、簿記は必須の知識です。

当会議所では下記の試験を実施しています。
程度・能力
試験科目
試験時間
合格基準
公認会計士、税理士等の国家試験への登竜門。
1級に合格すると、税理士試験の受験資格が得られる。
大学で専門に学ぶ程度の商業簿記、会計学、工業簿記、原価計算を取得し、財務諸表規則や企業会計に関する法規を踏まえて、経営管理や経営分析ができる。
商業簿記
会計簿記
1時間30分
70点以上
※1
工業簿記
原価計算
1時間30分
株式会社の経営管理に役立つ。
企業の財務担当者として必要な高校(商業高校)程度の商業簿記、工業簿記を習得している。
財務諸表を読む力が身につき、自社や取引先の経営内容を数字から把握できる。
商業簿記
工業簿記
 ※2
2時間
70点以上
企業で働く者に必須の基礎知識が身につき、商店や中小企業の経理事務に役立つ。
経理関連書類を読むことができ、青色申告等の書類作成もある程度できる。
経理・財務担当以外でも必要な知識として評価する企業が多い。
商業簿記
※1 ただし、1科目ごとの得点40%以上
※2 初歩的な原価計算を含む
・ 商業簿記
購買活動や販売活動等、企業外部との取引を記録・計算する技能で、企業を取り巻く関係者(経営管理者・取引先・出資者等)に対し、適切かつ正確な報告(決算書作成)を行うためのもの。
・ 工業簿記
企業内部での部門別や製品別の材料・燃料・人力等の資源の投入を記録・計算する技能で、経営管理に必須の知識。
詳しくは、日本商工会議所の検定サイトをご覧ください。
ページトップ