福祉住環境コーディネーター検定

福祉・医療面と、住宅改修・福祉用具等の知識を併せもち、高齢者や障害者にやさしい住環境整備を提案するコーディネーターの養成を目的としています。

当会議所では下記の試験を実施しています。
 
出題範囲
試験時間
合格基準
3級レベルの知識に加え、福祉と住環境等の知識を実務に活かすために、幅広く確実な知識を身につけます。また、各専門職と連携して具体的な解決策を提案できる能力を求めます。
  1. 高齢者・障害者を取り巻く社会状況と住環境
  2. 福祉住環境コーディネーターの役割と機能
  3. 障害のとらえ方
  4. リハビリテーションと自立支援
  5. 高齢者・障害者の心身の特性
  6. 在宅介護での自立支援のあり方
  7. 高齢者に多い疾患別にみた福祉住環境整備
  8. 障害別にみた福祉住環境整備
  9. 福祉住環境整備とケアマネジメント
  10. 福祉住環境整備の進め方
  11. 福祉住環境整備関連職への理解と連携
  12. 相談援助の実践的な進め方
  13. 福祉住環境整備の共通基本技術
  14. 生活行為別福祉住環境整備の手法
  15. 福祉住環境整備の実践に必要な基礎知識
  16. 福祉用具の意味と適用
  17. 生活行為別にみた福祉用具の活用
2時間
70点以上
福祉と住環境の関連分野の基礎的な知識についての理解度を確認いたします。
  1. 少子高齢社会と共生社会への道
  2. 福祉住環境整備の重要性・必要性
  3. 在宅生活の維持とケアサービス
  4. 高齢者の健康と自立
  5. 障害者が生活の不自由を克服する道
  6. バリアフリーとユニバーサルデザインを考える
  7. 生活を支えるさまざまな用具
  8. 住まいの整備のための基本技術
  9. 生活行為別に見る安全・安心・快適な住まい
  10. ライフスタイルの多様化と住まい
  11. 安心出来る住生活
  12. 安心して暮らせるまちづくり
東京商工会議所検定試験情報 (福祉住環境コーディネーター検定試験)をご確認ください。
 
 

今月の飯能商工会議所広報誌

Facebook

アクセス

<電車の場合>
池袋駅から西武池袋線特急43分
<お車の場合>
圏央道狭山日高ICから15分

>アクセスの詳細を見る

ページトップ