労働保険・雇用保険

労働保険


労働保険(労災保険と雇用保険の総称)は、従業員の福祉と経営の安定に欠かせない国の制度です。従業員を1人でも雇用していると加入しなければなりません。

商工会議所は厚生労働大臣の認可を受けている団体なので、事業主からの委託により事務の委託をすることができます。
上手に利用して事務コスト削減につなげましょう。

委託できる事業主
常時使用する労働者が300人以下
ただし、金融・保険・不動産・小売業にあっては50人以下、卸売・サービス業にあっては100人以下
委託のメリット
(1) 事業主及び家族従業員も一定の要件を満たしている場合、労災保険に加入でき、
労働者としての範囲内で事故が起きた場合は保険給付が受けられます。
(2) 労働保険料は保険金額にかかわらず、年3回に分けて納付することができます。
(3) 事業主自身の事務処理が軽減されます。
労災保険とは・・・業務上の事由または通勤による労働者の急傷、疾病、死亡に対して、労災補償を行います。
雇用保険とは・・・労働者が離職した時などに、一定の要件で失業等給付を行い、生活の安定を図ります。
※事務委託手数料は、その業態や従業員数によって異なります。

お問い合わせ

業務課 労働保険担当まで

今月の商工会議所ニュース

Facebook

アクセス

<電車の場合>
池袋駅から西武池袋線特急43分
<お車の場合>
圏央道狭山日高ICから15分

>アクセスの詳細を見る

ページトップ